【セレクトモール】通販の口コミまとめ♪

ダイエットが成功しても幸せになれない可能性!?

でも、気をつけたいのは、体の美しさにこだわるあまり、心の美しさを失ってしまうことです。

 

美しく痩せて美しい精神状態もキープしている・・・なんて最近の人気モデル、世界のトップモデルは言っていますが

 

実際には見た目は美しいけれど、性格は悪いとか、ワガママがヒドイってモデルは少なくないそうです。

 

それもそのはず、彼女たちの多くは無理をして糖質を控えている人が多いです。

 

糖質を控えれば体をスリムにするのには効果的だけれど、糖質は脳に癒しを与えてくれる成分でもあるので

 

極端に糖質の摂取量を減らしてしまうとどうしたってイライラしやすくなります。

 

私はむしろ、食べたいから・・・という以上に脳をリラックスさせる目的でチョコレートを食べることが良くあります。

 

このように、食べるものって脳や精神的な部分に影響を与えてしまうものでもあるんです。

 

体のみためばっかり考えて食事の内容を決定するのいは危険です。

 

ダイエットも良いけれど無理をせず、不幸にならないように精神的なストレスをため込まないようにしましょう。

 

精神が壊れれば例え美しい体を手に入れても幸せになることはできません。

 

自信なんて、自信があるふり・・・で十分!?

 

突然ですが、あなたは自分に自信がありますか?

 

世の中、特に日本では自分に自信を持てないというひとが多いのだそうです。

 

しかし実際、自分に自信のある人とないという人の差ってそれほどないものです。

 

要は自信なんて所詮気持ちの問題です。

 

それでも、自信のあるなしで周りから見た”印象”は大きく変わってきます。

 

実力は同じでも、”印象”はまるっきり別物なのです。

 

例えばあなたが企業の採用担当だったとしましょう。

 

新卒の学生が面接にやってきて、履歴書を見たところ

 

学生なのでどちらも経歴はほぼ同じようなもので甲乙つけがたいところ。

 

しかし、面接でいざ人物と対峙してみて、自身のあるほうとない方、

 

あなたならどちらを採用したいと思うでしょう?

 

きっと自信のある人物に対して”このひとは何かをやってくれそう”ってイメージを抱くのではないでしょうか?

 

結局のところ、人間って人をイメージや印象で判断するところが大きいのです。

 

もしあなたが周りに評価されたいと思うのなら、ダイエットで見た目だけで、あなたが本当に素晴らしい人物になるよりも

 

”素晴らしい人物”っぽい印象を作りあげるほうがよっぽど効果があるんです。

 

あなたのやりたいことの目的にもよりますが、自分の目的達成のために自分のイメージ作りをすることは大いに役立つはずです。

 

実際に自信が持てるかどうかなんてある意味関係ありません。(不幸にすらなる可能性もあります。

 

目的に応じて自信のある人間のフリをしてみてはいかがでしょう?